やさしい英文メールマガジン - じゃれマガ
Douglas S. Jarrell 名古屋女子大学 文学部国際言語表現学科教授
やさしい英文メールマガジン

じゃれマガ 100 Stories of 2014

じゃれマガが本になりました! 2014年1年間のじゃれマガから,ジャレル先生が選んだ100点を収録。
くわしくは,下のボタンを押して詳細をご覧ください。

じゃれマガ - 100 Stories of 2014

じゃれマガって何?

Jarrellさんがお送りする,無料で読めるメールマガジン「じゃれマガ」。Jarrellさんが感じたことや思ったことを,英文で読んでみよう。
やさしくて短い英文なので,中学生・高校生の皆さんにぴったり。

携帯電話やパソコンにメールで届きます。英文が短いので,いつでも手軽に読めるよ。

Readers' Corner: Do We Need a Passport?
We can come and go between European countries without showing our passport. I checked when I went to Europe last September. That's convenient for tourists. But after I came back, France had a terrible terrorist attack, so this has become a big topic of conversation. Is it good that everyone can move so freely? Unfortunately, there are people who make bad use of this system, so I think that we need to show our passport when we go between countries in Europe. Besides, if I stay as a tourist, I want to get a stamp from each country in my passport. It will become a good memory of my trip.

じゃれマガを読むと

英文をたくさん読むのが,英語力アップへの近道。
じゃれマガを読んでいれば,知らず知らずのうちにたくさんの英文を読むことができるから,英語力がアップするはず。

じゃれマガの活用方法は?

じゃれマガの読者の方から,じゃれマガの活用事例が届きました。

くわしくは,「じゃれマガの活用例」ページをご覧ください。

どうやったら読めるの?

簡単な手続きでお申し込みいただけます。

パソコンからお申し込みの方
  1. じゃれマガ お申し込みページ を開き,必要事項をご記入の上,「申込」ボタンをクリックしてください。
  2. 自動的に確認のメールが送られますので,確認メールに書かれているアドレスにアクセスしてください。
  3. 以上でお申し込みは完了です。
携帯電話からお申し込みの方
  1. news@catchawave.jp 宛に空のメールをお送りください。
    news@catchawave.jpQRコード対応携帯電話の方
    右のQRコードを読み取るとメールアドレスが表示されますので,そのアドレス宛に空のメールをお送りください。
  2. 自動的にメールが返信されますので,メール中のアドレスにアクセスしてください。
  3. 必要事項にご記入の上,「申込」ボタンを押してください。
  4. 以上でお申し込みは完了です。
※迷惑メール防止機能で受信ドメインの制限をされている場合は,あらかじめ「catchawave.jp」ドメインからのメールを受信できるよう設定をお願いします。

じゃれマガの登録を解除する場合は,下記のじゃれマガ登録解除ページよりお手続きください。
じゃれマガ登録解除ページ

Jarrellさんについて

Douglas S. Jarrell
名古屋女子大学 文学部国際言語表現学科教授

 

----

協賛企業・団体一覧

Catch a Waveは広告主の企業・団体の皆様のご協力で成り立っております。
(五十音順)

アフラック

新日鉄住金株式会社

株式会社大京

凸版印刷株式会社

PILOT